「戦争と女性の人権博物館」日本後援会

博物館関連資料

博物館建設年表

1994.挺対協代表者会議史料館建設準備委員会新設
1996.会員団体に委員を1人ずつ派遣するよう要請。
建設準備委を5つの会員団体による5人委員で構成
――教会女性連合会(金シンシル)
  女性教会(鄭スッチャ)
  挺身隊研究所(李サンファ)
  여신협(鄭ヨンスン)
  仏教女性連合会(金ミョジュ)
1997.建設準備委員会を建設推進委員会に変更し、委員会を拡大
顧問団設置(李効再、尹貞玉、李ウジョン、조화순、이세중、이연옥、원불교、불교、서영훈、오재식、하나님의 성회
組織;渉外、建設、資料収集、募金、広報、推進、構成
1998.3回にわたる会議を通して、敷地探しのための役割分担(梨花女子大学、文化観光省など)をし、史料館平面図(追悼碑、研究室、展示室、映像室、セミナー室、建坪500坪、敷地2000坪)を企画。第1段階としてキリスト教社会研究所ビル3階に教育館をつくることを決定。
1999.教育館開館(展示、ハルモニ・シムト=憩いの場、資料室)
2003.11.史料館推進委員会の名称を記念館建設推進委員会に変更
12.記念館の名称を日本軍「慰安婦」名誉と人権の殿堂(仮称)に決定
12.18日本軍「慰安婦」名誉と人権の殿堂建設事業点火式開催(延世大学同門会館)
2004.点火式後、建設基金募金活動本格開始
8.13殿堂建設基金募金のための平和マダン「平和・平和・平和」開催(ソウル市庁前広場)
10.日本軍「慰安婦」名誉と人権の殿堂を戦争と女性の人権博物館に名称変更
12.16戦争と女性の人権博物館建設委員会発足式開催
2005.01.博物館の敷地確保活動開始:ソウル市内の公園、ソウル市および中央政府所有の建物のうち、博物館として改修可能な建物を探索、多様な地域を対象に博物館の敷地確保活動を開始。
08.ソウル市に博物館の敷地寄付を要請
10.ソウル市が西大門独立公園駐車場を博物館の敷地として推進する問題を本格的に議論
10.21西大門独立公園駐車場の敷地が文化財に含まれている事実を確認。代案の模索を開始。
10.25ソウル市と協議の末、西大門独立公園売店敷地を博物館の敷地として推進することで合意。イ・ミョンジュ共同建設推進委員長(ミョンジ大学建築学科)、キム・ヒオク共同建設推進委員長(エイテック総合建築士事務所所長)が建築設計。
2006.03.08西大門独立公園売店敷地に博物館を建設する問題と関連して、現状変更許可申請書を西大門区庁に提出。
04.14文化財庁の史跡と現状変更審議委員会で戦争と女性人権博物館建設許可。
06.12ソウル市都市公園委員会公園造成計画変更審議を受けるため、南山公園管理事業所に審議案を提出。
07.18ソウル市都市公園委員会の審議通過。
08.18小委員会の2次審議通過、博物館建設敷地最終確定――ソウル市西大門区西大門独立公園内売店跡地
10.19戦争と女性人権博物館敷地確定および建設説明会
11.国会の女性家族委員会議員室を訪問、博物館建設基金の募金を要請
国会の女性家族委員会予算・決算小委員会開催、博物館の予算論議、2007年度予算に計上。
国会の予算・決算小委員会所属委員に博物館予算案通過要請支援活動。
2007.02.09挺対協の21会員団体長名で女性家族省長官に女性家族省の2008年度予算で博物館建設予算を支援するよう要請する請願書を発送。
03.01開かれたウリ党、博物館建設委員委嘱状伝達式、建設基金1億ウォン伝達
03.~
04.
ウリ党のミン・ビョンドゥ議員が大統領の地方自治体特別交付金の形で国家支援を受けられる方法を追求。しかし、ソウル市が交付金を施行すべきところ、手続き上の困難を理由に交付金の推進が中途で中断。
03.独立運動団体(殉国先烈遺族会、光復会など)が独立運動の聖地に「慰安婦」被害者の博物館を建てることは許せないと脅迫。ソウル市の呉世勲市長と面談して白紙化を要求、挺対協は何度も抗議訪問。
11.ソウル市に建築許可申請書を提出、ソウル市から独立運動団体と協議して同意を得れば建築許可を出すとの口頭での立場が伝えられる。建築許可に関わる公式の立場表明は回避。
2008.04.28文化財庁から現状変更審議について新築再許可(以前の許可期間が2008年8月15日と明記されているため、2011年8月15日まで新築許可を延長)
03.~
05.
挺対協会員団体がソウル市に抗議声明を送り、抗議書簡送付キャンペーンで独立運動団体の反対に対しソウル市が無反応を決め込んでいるのは責任放棄であり、法に反する行為だと抗議
05.08博物館建築許可と関連してソウル市の関係者(ソウル市公園造成課課長、チーム長、職員、南山公園管理事業所チーム長、職員)と面談。

戦争と女性の人権博物館は、市民の支えで維持されています。 博物館の維持・発展のためにご支援、ご協力をお願いします。

郵便振替口座

【口座番号】
00170-6-266644

【口座名】
女性人権博物館

Copyright (C) 2008 「戦争と女性の人権博物館」日本後援会 , All rights reserved.