旬から味わう野菜

日本ならではの四季を味わう旬の野菜を紹介します。

トップページ鍋物に良い野菜夏のトマト和栗種類豊富な豆類カボチャの魅力リンク集サイトマップ

夏のトマト

夏に旬を迎えるトマトを、冷蔵庫で冷やしたトマトをスライスに切っていただく、そんなシンプルな食べ方でも、ヒンヤリとさっぱりした食感がたまりません。付け合わせのドレッシングやソースを工夫すれば、バリエーションに富んだトマト料理を楽しむことができます。

トマトは日本国内のスーパーマーケットでは取り扱う種類が多く、最も売れている野菜の種類の一つです。大きさもそれぞれで、大きなトマトは皮を湯剥きすると、サラダをはじめ、炒め物や和え物にも向く万能な野菜となります。長細い形のトマトは主に水煮缶として缶詰で売られています。パスタソースやミネストローネなどのトマト味のスープとして重宝されています。加熱することで、グルタミン酸といううまみ成分が引き出されます。

生で食す場合は、特にトマトの選び方に注意をしましょう。ヘタが新鮮で緑色がハッキリしていて、しおれていないものを選ぶのもポイントです。果肉は、黒い筋が入ったり、割れていなかったりするものが良いでしょう。色が濃いトマトも味わいが濃いものが多いので、トマト本来の味を確かめることができるのでおすすめです。このように、トマトは日本人の食卓になくてはならない野菜です。品種ごとの特徴を良く理解して、美味しい料理を作ってみたいものです。